有料会員限定記事

淡河町 地域住民でつくる移動便 高齢者の生きがい、子育て世帯もサポート

2019/6/5(水)

神戸市北区の北西部、三木市に隣接する淡河町(おうごちょう)。人口約2,500人の小さな町だ。公共交通空白地帯であるこの町には、神戸市で唯一、公共交通空白地有償運送として地域住民が自家用自動車で運行する「淡河町ゾーンバス」が走っている。

移動で生活の質も向上させる

淡河町ゾーンバスは2018年5月から淡河町地域振興推進協議会が主体で運行している。診療所便やデイサービス便、帰宅支援便など生活に必要な移動のほか、グラウンドゴルフ便や食事会便など、QOL向上のための移動便も存在する。乗車料金は1回300円だ。ドライバーは農業従事者や主婦など、本業と兼ねる形で地域住民が担っている。

平成18年に創設された自家用有償旅客運送制度では、地域住民の生活維持に必要な輸送がバス・タクシー事業によって提供されない場合、市町村やNPO法人が自家用車を用いて有償で運送できると定めている。淡河町自治協議会の山崎昌二会長は「三木と三田、三木と岡場を結ぶバスは2時間に1本くらい。吉川と三宮の路線バスは一日3~4往復。タクシー会社は町内になく、地元の足は地元で確保しないと生活できない」と公共交通空白地帯となっている淡河町の現状を話す。地域振興推進協議会の事業部長であり、ドライバーを務める武野辰雄氏も「自家用車の所有が当たり前の地域。すぐそこの診療所に行きたいのに移動手段がない」と町内の公共交通が不足していると嘆く。

淡河町ゾーンバスの運行ルートは定時定点で、診療所便、デイサービス便、グラウンドゴルフ便、幼稚園保育園便、帰宅支援便、お食事会便、町内イベント便の7便がある。利用者数は1日あたり約20~30人で、1カ月に400~440人が利用している(いずれも延べ人数)。

写真左:淡河町 地域振興推進協議会 事業部長 武野辰雄氏
右:淡河町自治協議会会長 山崎昌二氏




※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る