ニュース

運転スコアで保険料を最大30%キャッシュバック ソニー損保が販売開始

2020/3/18(水)

ソニー損害保険株式会社(以下、ソニー損保)は、スマートフォンで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じて保険料を最大30%キャッシュバック※1する運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」の販売を、2020年3月18日に開始すると発表した。
※1 保険料のキャッシュバックは、「保険始期日より270日以上が経過していること」「累積の計測時間が20時間以上であること 」「キャッシュバックが0%でないこと」を満たすことが条件(ソニー損保プレスリリースより)
「GOOD DRIVE」は、自動車保険の本来の役割である事故時の補償やサービスの提供に加えて、事故リスクの低い運転を行ったユーザーにキャッシュバックのインセンティブを提供するサービス。

具体的には、「アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況」、7項目の運転特性※2を専用アプリで計測し、事故リスクの度合いを運転スコア(100点満点)として算出する。そのスコアに応じて一定の割合でキャッシュバックを行う。キャッシュバック率は最大で30%で、S~Dランクの5段階で評価する。
※2: GOODアクセル・急アクセル、GOODブレーキ・急ブレーキ、GOODハンドル・急ハンドル、スマートフォン操作の合計7項目

運転特性の計測は、アクセサリーソケットに装着するBluetooth対応の専用デバイスによって行う。 スマートフォン側の専用アプリは専用デバイスから電波を受信すると自動で計測を開始し、電波が止まると終了する。また、専用デバイスにはUSB端子があり、スマートフォンなどの充電も可能だ。

ソニー損保の発表によると、キャッシュバック率は年齢や等級に関係なく「運転スコア」のみで決まる。つまり、事故リスクの低い運転を心掛ければ保険料の節約が可能になる仕組みだ。

また、専用アプリでは運転スコアを向上させるためのアドバイスを行ったり、走行経路の提案を行ったりすることもできる。そのほか、運転スコアに影響するような操作を行った地点の確認も可能だ。

今回の「GOOD DRIVE」販売に先立って行った実証実験では、運転スコアとアドバイスをスマートフォンで提示することによって、15.3%の事故リスク低下があるとの推定を示している(ソニー損保プレスリリースより)。

そのほか、専用デバイスには「緊急ボタン」を搭載している。緊急ボタンを押すと、専用アプリに緊急連絡先を表示したり、ユーザーの位置情報や契約情報がアプリ経由でソニー損保の事故受付窓口に連携したりといった非常時対応も行う。

ソニー損保の発表によると、今回の「GOOD DRIVE」のサービスには、同社の知見に加え、ソニーグループのAI・センシングをはじめとした先進技術が生かされており、「ソニーグループ各社との協業により幅広いテクノロジーのサポートを得られることは、他の保険会社にはないソニー損保の強みの一つです」と語り、今後も「GOOD DRIVE」に代表されるような先進技術を活用したサービスを推進する方針だとしている。



GOOD DRIVE 公式サイト: https://www.sonysonpo.co.jp/auto/good-drive/

ログイン

ページ上部へ戻る