有料会員限定記事

SWAT Mobility Japan、パッケージ型路線バスダイヤ改正支援システム開発実証の中間報告会実施

有料会員限定記事

2022/2/22(火)

SWAT Mobility Japan代表取締役の末廣将志氏

SWAT Mobility Japan代表取締役の末廣将志氏

SWAT Mobility Japanは1月25日、北九州市交通局と実施しているパッケージ型路線バスダイヤ改正支援システム開発のための実証実験の中間報告会を行った。報告会には日本全国の交通事業者・自治体関係者ら約150名が参加。北九州市営バスの乗降データの分析結果と課題など、具体的な数字を挙げながら報告された。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 119068
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る