有料会員限定記事

トヨタがBEV年間販売目標を350万台に大幅拡大、EV強化と全方位を推進

有料会員限定記事

2022/1/7(金)

トヨタ自動車の豊田章男社長(提供:トヨタ自動車)

トヨタ自動車の豊田章男社長(提供:トヨタ自動車)

トヨタ自動車は12月14日、バッテリーEV(BEV)戦略に関する説明会を開催した。2030年にBEVのグローバル販売台数で年間350万台を目指すと発表。従来計画の200万台から350万台へと150万台の大幅引き上げとなる。
また2030年までの電池関連への新規投資額を1.5兆円から2兆円へと増額するなど、EV戦略強化をアピールした。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 112507
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る