有料会員限定記事

トヨタ「ITS connect」で事故のない未来へ

2019/1/23(水)

トヨタ自動車株式会社 Executive Vice President /常務役員 山本圭司氏

トヨタ自動車株式会社 Executive Vice President /常務役員 山本圭司氏

昨年9月にコペンハーゲンで開催されたITS世界会議において、トヨタ自動車(以下、トヨタ)がパネル展示を行った。トヨタは、現在開発及び実装を進めているV2I(vhicle to infrastructure)とV2V(vhicle to vhicle)の通信システム「ITS connect」について、北米での実践的な取り組みとともに説明した。また、トヨタが開発したドライブレコーダー「TransLog」について、日本でのタクシーへの活用事例を紹介した。

V2I/V2V通信による協調型ITS

警視庁が発表した2017年の統計によると、国内での交通事故の約40%は交差点で起こっているという。トヨタでは、交差点での事故を未然に防ぐために、コミュニケーションによるITSシステムを開発している。
※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る