ニュース

WHILL 自動運転システムとエレベーター連携の実証実験 階を跨ぐ自動走行へ

2019/2/1(金)

実証実験に利用する予定のWHILL自動運転システム(左)と連携イメージ図(右)

WHILLは、三菱地所株式会社とSAPジャパン株式会社が本日オープンしたコラボラティブスペース「Inspired.Lab」で、「WHILL自動運転システム」を利用した実証実験を、三菱電機株式会社、株式会社Liquidと共同で開始すると発表した。
WHILLはMaaS事業を事業の柱の一つとして位置づけ、障害の有無や年齢に関わらず、だれもが楽しく安全に乗れる一人乗りのモビリティの提供によって、既存の交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を行うことを目指している。今回はモビリティ単体の開発だけではなく、建物などとの連携を視野に入れた取り組みだ。

WHILLは、今回の実証実験において、自動運転機能を持つ「WHILL自動運転システム」を用いたパーソナルモビリティと建物のIoTによる連携を行う。具体的には、三菱電機と連携し、建物内のエレベーターとWHILLが通信回線でつながることにより、無人のWHILLが近づくとエレベーターがWHILLのいる階に停止し、扉の開閉を行い、目的の階までWHILLを送り届ける。これにより、いままでのシステムでは同一の階でしかできなかった自動走行が、異なる階を跨いで可能になる。自動走行で建物内のあらゆる場所に行くことが可能で、特定の場所にWHILLが利用者を迎えに行く、目的地まで到着した後、乗り捨てたWHILLが自動で待機場所に戻っていく、などの運用が可能だ。また、Liquidと連携し、建物のセキュリティシステムとWHILLの連携の実証実験も行う。セキュリティエリアの内外をWHILLが自由に通行できるような運用を想定している。

将来的には、建物外など公道での自動走行も見据えて実証実験を展開していく計画。さらに、パーソナルモビリティとファシリティの連携から得た知見は、今後、物流ロボット、清掃ロボット、警備ロボットなどと建物の連携に生かされることが期待される。

実証実験デモ イメージ動画



■関連記事



ログイン

ページ上部へ戻る