ニュース

トヨタ・ソフトバンクの合資会社「MONET」事業開始 19年度内にオンデマンド交通サービスを展開予定

2019/2/1(金)

トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、以下「MONET」)が本日(2月1日)から本格的に事業を開始すると発表した。
具体的には、MONETの事業である (1)オンデマンドモビリティサービス (2)データ解析サービス (3)Autono-MaaS(※)事業のうち、まずはオンデマンドモビリティサービス領域において、2019年度内に、自治体や企業と連携して「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」の展開を開始する。

※“Autono-MaaS”とは、Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Serviceモビリティサービス)を融合させた、トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語。

MONETは、ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」とトヨタの「全ての人に移動の自由を」の二つのビジョンを融合し、安心・快適なモビリティ社会の実現を目指している。

■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る