有料会員限定記事

WithコロナでモビリティとCASEはどう変わる? ADLが最新動向を発表

2020/7/16(木)


コロナ禍が“移動”に与える影響


現在はようやく都市封鎖が解除され、経済活動を再開している国が多い。しかし、新型コロナウィルスが収束しているわけではないので、ソーシャルディスタンスを保つことが推奨されている。例えば航空機の座席は間隔を空ける必要があり、最大で稼働しても50%しか埋まらない。そのため、経営を維持するには販売価格を引き上げるなどの対策が必要となる。

移動する単価が値上げにより上昇すると、当然移動総量は大幅減少するだろう。特に公共交通機関で減少する可能性が高いとみられる。一方、乗用車などパーソナルな空間を要する個人移動は増加するかもしれないが、総じて移動市場は一時的に大幅...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る