ニュース

千葉市とWind  7月2日シェア電動キックボードの実証実験を千葉市稲毛海浜公園で開始

2019/7/3(水)

千葉市とWind Mobility Japan株式会社は、7月2日、電動キックボードの車両保安基準等の緩和に向け、走行に係る安全性の検証、課題抽出及び利用ニーズの把握やビジネスモデルの検証等を目的とした実証実験を開始。千葉市稲毛海浜公園でオープニングセレモニーを開催した。今回、自治体と共同での公道や市営公園を含む実証実験としては、国内初の包括的な実証実験だ。
実施期間は7月2日から12月末を予定。実施地域は千葉市稲毛海浜公園、幕張新都心の周辺地域で、ステーションは千葉市稲毛海浜公園内や海浜幕張駅周辺(※7月中旬)に設置。

18歳以上の原動機付自転車免許保持者を対象者とし、利用料金は、スタンダード料金ロック解除100円+25円/分 ライドパス料金(サービス提供時間内に限る)1時間パス850円/時間1日パス 2,000円/日。

利用方法は、WINDのスマートフォンアプリを通じて、事前に利用者情報(運転免許証など)を登録。電動キックボードに付されているQRコードをアプリから読み取り、ロック解除して利用を開始する。走行速度は19㎞/h以下に設定(稲毛海浜公園内は走行速度15㎞/h以下)しており、利用するには運転免許証携帯、ヘルメットの着用その他道路交通法等関係法令を遵守する必要がある。

今後、7月中旬に海浜幕張駅周辺に乗降車可能なステーションを追加するほか、2019年7月13日(土)からは千葉市動物公園内にて、12歳(中学生)以上の方々を乗車対象とした実証実験を期間・曜日限定で開始する。

ログイン

ページ上部へ戻る