有料会員限定記事

日立市は地方都市型MaaS 導入の成功事例となるか?

2020/5/19(火)

日立地域 MaaS 実証実験のラストワンマイル型デマンドサービスでの無料タクシーの乗り場

日立地域 MaaS 実証実験のラストワンマイル型デマンドサービスでの無料タクシーの乗り場。
茨城交通のバス停「大沼 BRT」と自宅の間を送迎する。

行政・交通事業者・地域住民 三位一体のプロジェクトに迫る

茨城県北東部に位置する日立市は、総合電機メーカーである株式会社日立製作所(以下、日立)の創業の地としても知られている。1975年頃には人口20万人程度と人口が県内1位の時期もあったが、近年は減少が続き、2019年には18万人を割り込んだ。人口減少と高齢化、自家用車中心の生活による公共交通の利用者減により地域交通の維持・確保が困難になりつつあるという。地方都市が抱えている課題に取り組む日立市を取材した。

■地方都市ならではの交通課題が山積


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る