ニュース

AI乗合いタクシー(SAVS)清水港開港祭にて7/13に運行実施

2019/7/10(水)

静岡県の清水港で7月13日から15日の3日間にわたり120周年記念の開港祭が開催される。その期間中の7月13日限定で、AI乗合いタクシー(SAVS)を株式会社未来シェアと株式会社JTBが共同で運行することが発表された。
このAI乗合いタクシー(SAVS:Smart Access Vehicle Service)は時間・ルートを固定せず乗合い車両の配車決定を行い、AIがリアルタイムに全車両の走行ルートを決定する。これにより顧客のニーズに応じた乗合い車両の最適な配車を完全無人で実現できる。
タクシーの乗降ポイントは清水港開港祭の各会場と周辺の観光スポットになっており、今回の運行ではこのタクシーの利用による充実した観光の促進をねらう。

運行概要

商品名:楽々AI乗合タクシープラン
運行日時:2019年7月13日(土)10:00~17:00
予約受付時間:10:00~16:00
※1組4名まで予約可能。予約には1台スマートフォンが必要になる。
運行車両台数:ジャンボ4台(8人座席)
料金:1人1日300円、12歳以下は無料

乗降ポイント

1.清水マリンターミナル会場
2.新清水駅
3.オアシスマルシェ会場 JR清水駅(西口)
4.清水港船宿記念館 末廣
5.次郎長生家
6.美濃輪稲荷神社(鳥居前)
7.梅蔭寺
8.龍華寺
9.鉄舟寺
10.河岸の市前・水上バス(江尻)のりば
11.エスパルスドリームプラザ

ログイン

ページ上部へ戻る