有料会員限定記事

市街地から比叡山までの交通を一本につなぐ 大津版MaaSに込めた地域の未来

2019/9/30(月)

講演する滋賀県大津市の越直美市長

観光客の利便性向上や過疎地域での高齢者の移動手段確保などを目的として自動運転導入に積極的に取り組んでいる大津市。自動運転バスとMaaSを掛け合わせることで生まれる新しいモビリティサービスと町づくり、大津市が描くビジョンを紹介する。
国土交通省によるMaaSなどの新たなモビリティサービスの推進を支援する「新モビリティサービス推進事業」の先行モデル19事業に選定された大津市。今回、スマートモビリティチャレンジで大津市、京阪バス、日本ユニシス、京都大学らが連携して取り組むのは、「大津市中心市街地及び比叡山周遊の活性化を目指した大津市版MaaS実証実験」だ。
6月21日に開催したスマートモビリティチャレンジ・シンポジウムで大津市の越直美市長(以下、越市長)が登壇し、その取り組み内容について語った。
※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る