有料会員限定記事

次世代モビリティは持ち運び可能?メルカリR4D×東京大学が「poimo」を開発

有料会員限定記事

2020/7/2(木)


■メルカリR4D、川原研究室とは?

メルカリR4Dは、メルカリが運営する研究開発組織で、2017年12月に設立した。「R4D」の名は、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味しており、ブロックチェーン、量子コンピュータ・量子インターネット、HCI(Humen Computer Interaction)、AI(人工知能)、モビリティといった幅広い領域の研究を行っている。

poimoのプロジェクトは、無線給電やインフレータブル(空気圧)構造などの研究を行う東京大学大学院工学...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

get_the_ID : 54560
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る