ニュース

ヴァル研「mixway」、シェアサイクルサービス「PiPPA」と連携開始

2019/3/15(金)

「PiPPA」と連携した「mixway」画面イメージ

「PiPPA」と連携した「mixway」画面イメージ

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所は、2019年3月18日(月)から、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」において、株式会社オーシャンブルースマートが運営するシェアサイクル「PiPPA(ピッパ)」と連携し、実証実験を開始すると発表した。
シェアサイクルは駅やバス停から目的地までのラストワンマイルを補完する移動手段として、全国各地で導入が進んでいる。ヴァル研究所では、2018年5月から国内初のシェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway」の提供を開始し、札幌市の「ポロクル」や、東京・横浜・仙台など全国各地の「ドコモ・バイクシェア」と連携している。

今回連携を発表したオーシャンブルースマートが提供する「PiPPA」は2018年1月に提供を開始したシェアサイクルサービス。東京都内のほか、京都府や宮崎県でも電鉄・大学などのさまざまな企業・団体と協業し、ポートは全国で200カ所以上、専用の自転車は2,000台以上という規模で運営している。

ヴァル研究所がこれまで連携を進めてきたサービスに、新たに「PiPPA」が加わることで、3社のシェアサイクルサービスと、鉄道・バスなどの公共交通機関を横断的に組み合わせた検索・閲覧が可能になる。ラストワンマイルの移動手段に選択肢が増えることで、利用者のさらなる行動範囲の拡大や新たな経路の発見などが期待できる。



実証実験は3月18日(月)から開始。複数のシェアサイクルサービスを組み合わせた場合の、ユーザーの行動変化やサービスの有用性などが検証される予定だ。

■実証実験の概要

実施期間: 2019 年3 月18 日(月)〜2019 年12 月31 日(火)予定
検証方法: 「mixway」サービスの利用率や、「mixway」から「PiPPA」への送客数などを計測。
(定性調査として利用者へのアンケートを実施予定)
紹介ページ
https://mixway.ekispert.net/lp/pippa_experiment
※2019 年3 月18 日(月)に公開開始。

■関連記事



ログイン

ページ上部へ戻る