ニュース

ヴァル研究所、MaaS Tech Japanと地域モビリティ向けのMaaSプロジェクトを開始

2019/2/15(金)

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社: 東京都杉並区、代表取締役:太田信夫氏)は2月15日(金)、株式会社 MaaS Tech Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:日高洋祐氏)と、地域モビリティの MaaS(Mobility as a Service)分野に向けた新たなサービス開発を目的としたプロジェクトを開始すると発表した。

今回の発表は、地域の課題解決を目指しMaaS分野で両社が協業体制を結んだことを明らかにしたもの。今後、地域課題である人口減少や高齢者の増加、特に鉄道事業やバス事業にとって深刻な赤字化や担い手不足など交通の課題に対してプロジェクトを推進していく方針。

ヴァル研究所は、これまでの経路検索サービスを用いた豊富なサービス開発の実績を活かして開発部分を担当し、MaaS Tech Japan は国内外の MaaS およびモビリティサービスのノウハウと課題解決能力を活かして施策部分を担当する。

2018年は、モビリティの変革や次世代交通、MaaS分野への注目がより高まった年と言える。また、地域の足の確保をはじめとする国内の移動課題を踏まえたモビリティサービスを構築することが急務となっている。ヴァル研究所ではこれまで、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービスの開発、小田急電鉄株式会社との自動運転バスの実証実験にあわせた MaaS トライアルといった取組や、オンデマンド・リアルタイム配車サービスを提供する株式会社未来シェアなどとの業務提携を行ってきた。今回発表したMaaS Tech Japan との協業体制によって、さらに地域課題を解決するような日本版 MaaS を実現していきたい考え。

■関連記事





ログイン

ページ上部へ戻る