ニュース

国交省スマートシティモデルプロジェクト、持続できるビジネスモデルの構築に課題か

有料会員限定記事

2022/1/17(月)

スマートシティ官民連携プラットフォームのイメージイラスト

スマートシティ官民連携プラットフォーム
イメージイラスト

ビッグデータやIoTなどの新技術を活用して、都市が抱えるさまざまな課題を解決することが期待されるスマートシティ。国土交通省は、スマートシティの早期の社会実装を目指し、各都市の実証実験などを支援する「国交省スマートシティモデルプロジェクト」を行っている。すでに、このプロジェクトは開始から3年が経過し、全国51地区の事業が採択されている。

その中で見えてきた課題や今後について、国土交通省都市局 都市計画課 都市計画調査室専門調査官の井川敬大氏に話を聞いた。

【当記事に使用するイラストや資料は全て国土交通省より提供】

■実証実験の費用をはじめ、さまざまな支援体制を構築している



――...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 114630
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る