有料会員限定記事

トヨタ・ソフトバンクがMaaS分野で事業提携 自動車産業はどう変わる?

有料会員限定記事

2019/1/7(月)


ソフトバンクは、さまざまな自治体と包括連携協定を締結しており、これらのネットワークも活かし、モネテクノロジーのモビリティサービスを戦略特区などの設置による国内100地区での導入を目指し、2020年代前半からはイーパレットを活用したモビリティサービスの実現を目指す。

モビリティサービスを包括したバリューチェーン構築へ加速

このような流れになると、トヨタが抱える国内の販売店やレンタカー店の約6000店舗を、これまでの販売とメンテナンスの役割から、モビリティサービス事業のサービス拠点への進化させていく必要性が生じる。これまで、トヨタ自動車はコネクテッドカーの販売に先駆け、ディーラー向け...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 17812
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る