ニュース

ドコモと三菱地所、テムザックの「RODEM」で観光客向け公道実証実験 丸の内エリアで

2019/3/19(火)

株式会社 NTT ドコモ、三菱地所株式会社、株式会社三菱地所設計、株式会社テムザックは3月18日、丸の内エリアにおいてテムザックの次世代スマートモビリティ「RODEM(ロデム)」を用いた観光客向け公道実証実験を 2019 年 3 月 18 日(月)~3 月 22 日(金)まで実施することを発表した。
実証実験では、丸の内エリアでパーソナルモビリティ「RODEM」に乗って周囲の観光情報にアクセスしながら、周辺を回遊する。「RODEM」と組み合わせて、レストラン等の探索が可能な ARと「d グルメ」を組み合わせたサービスや、「はなして翻訳」を用いた多言語翻訳によるインバウンド対応、三菱地所設計が提供する丸の内エリアの歴史紹介コンテンツを、動画や「AI エージェント基盤」を活用した対話形式等で体験できる。

ドコモは、象徴的な街路空間である丸の内エリアにおいて、新たなモビリティとドコモのアセットを組み合わせた実証を行うことで、丸の内をはじめ全国の繁華街・観光地等での活用をめざした受容性の検証を実施する。

三菱地所は、丸の内エリアの「オープンイノベーションフィールド」化を進めており、先端技術・テクノロジーの街づくりにおける有用性等について調査・研究を行う「MarunouchiUrbanTechVoyager」プロジェクトの一環として、国際都市・東京のさらなる機能向上を目指す。

三菱地所設計は歴史的建造物の魅力を紹介するコンテンツを提供する。将来的には、「RODEM」 のようなデバイスが充電基地に戻る自動帰還や、ビルの屋上に設置された太陽光発電などの自然エネルギーを活用した充電システムの構築など、街・建築と技術の結び役を果たす。

テムザックは、簡単に近距離の移動ができる「RODEM」を街中でシェアリングし、ラストワンマイルの新たな移動手段として活用することを目指している。歩道での自動運転化を見据えた研究開発も同時並行で行っており、2020 年を目標に段階的に実装する予定。

■体験できる主なコンテンツ
下記5つのコンテンツのうち1つを選択
1. 屋内での試乗体験(18日、19日のみ)
2. 仲通りでの自由回遊。丸の内周辺のスポットをARや音声等で案内
3. スタンプラリーでアート体験
4. キッチンカーでキャッシュレス体験
5. 歴史体験ツアー

 

■関連記事


ログイン

ページ上部へ戻る