ニュース

ソフトバンクと鎌倉市 MaaSとスマートシティ等で包括協定を締結 

2019/3/5(火)

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と鎌倉市は、次世代モビリティーサービスに向けたMaaSの推進やスマートシティの実現に向けた検討など、複数の分野にわたる連携と協力に関する包括協定を、2019年3月4日に締結した。
協定の締結を契機に、ソフトバンクと鎌倉市はICTを利活用した官民連携による社会的課題の解決に向けた取り組みを幅広く検討していく予定だ。

協定の内容

(1)次世代モビリティーサービスに向けた「MaaS」の推進
(2)スマートシティの実現に向けた施策の検討
(3)テレワーク・ライフスタイルの推進
(4)ICTを活用した教育の振興
(5)5G活用を見据えたモバイルのエリア整備推進
(6)その他、本協定の目的達成に必要な事項

■関連記事



ログイン

ページ上部へ戻る