有料会員限定記事

東京大学千葉研究室インタビュー:モビリティによって可能になる、都市の新しい使い方とは?

2019/11/1(金)

東京湾岸部の未来像


かつて20世紀に自動車が台頭したとき、建築家はその可能性を感じ、自動車を交通の主体とした都市ビジョンを発表した。例えば、日本で帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトもそのひとり。1930年代に、自動車交通を前提とした、低密度の理想都市「ブロード・エーカー・シティ」を構想した。都市の成長が著しく進んでいたこの時代では、白地の上に、誰も見たことがないような新しい都市を描くことが可能だった。

21世紀の日本は、既に交通インフラが整備され、都市化が進みきっている。さらに人口減少が進み、公共交通の衰退など、インフラが縮小している段階でもある。この状況で、自動運転車やスローモビリティがいずれ台頭するとき、現代の建築家はどのような可能性を見出し、都市ビジョンを打ち出すことができるだろうか。

建築家の千葉学氏が率いる東京大学千葉研究室では、自転車、自動運転車、スローモビリティなどを既存の都市に導入する方法と、それによる都市の新しい使い方を提案する。日本各地を舞台とするが、一貫するのは、地域の個性を読み解き、既にあるインフラを尊重しながら、新しいモビリティを組み込むことだ。それによって人の流れを変え、新しい価値をつくりだす。

東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 千葉 学 教授(右)と田中 義之 助教(左)



まずは都市を読み解くこと

都市に新しいモビリティを導入するには、現在の道路や鉄道は刷新すべきだと考えるかもしれない。もしくは、今の都市とはかけ離れた、SF的な都市像を描くこともあるかもしれない。しかし、インフラを全て作り直すこと、ましてや新しい都市をつくることは途方も無く時間がかかり、現実的でないことは明らかだ。そこで千葉研究室では、今、目の前の都市を評価すること、その上で新しいモビリティを導入する方法を提案する。

千葉氏は、モビリティに関心を持つ以前から、都市に既にある構造を丁寧に読み解く姿勢を重視していた。「例えばかつて、東京という都市を評価するとき、混沌としている、カオスだと言われがちでした。それに対して私は疑問を持っていて、都市には本来、読み解くべき秩序や構造があるのではないかと考えていました。そして、それをあぶり出し、新しい都市の使い方を提案することに興味がありました。」(千葉氏)

一方で、千葉氏は、日々の暮らしの中で都市は何を道具として移動するかで捉え方が劇的に変わることを体感していた。実は日本中を自転車で巡るほどの自転車好きだ。「現代の都市の道は、車社会に最適化されています。しかし、自転車の目線だとそれが大きく変わります。例えば幹線道路が必ずしも便利なわけではなく、坂道ではないところ、路肩が広いところ、交通量が少ないところなど、自転車だからこそ快適に走れる道があります。つまり乗り物によって、街の作り方、道路のネットワークのあり方が全く異なる意味を持って見えてくるのではないかと実体験の中で感じていました。」(千葉氏)

この潜在的な思いがモビリティの研究に結びついた。きっかけは、
※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る