ニュース

トヨタと西鉄、福岡市でMaaSの実証実験開始 

2018/11/1(木)

 西日本鉄道株式会社(以下、西鉄)とトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は10月31日、交通および店舗・イベント情報のサービサー8社と協力し、2018年11月1日よりスマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」の実証実験を福岡市で開始することを発表した。

「my route」は公共交通(バス・鉄道・地下鉄など)、自動車(タクシー・レンタカー・自家用車など)、自転車、徒歩など、さまざまな移動手段を組み合わせてルートを検索し、必要に応じて予約・決済まで行うことで、移動をサポートするサービス。「店舗・イベント情報の提供」から実際の「移動手段の検索・予約・決済」まで、移動に関する一連の機能をアプリひとつで提供し、福岡市内における「円滑な移動のサポート」や「街の賑わいの創出」への貢献を目指す。

 

実証実験では、トヨタはアプリと決済プラットフォームの開発・運営、トヨタのレンタカーの情報提供を担う。西鉄は自社が運行するバスの位置情報や、西鉄グループが持つ店舗・イベント情報(「天神サイト」など)の提供を行うとともに、アプリ内限定で福岡市内フリー乗車券のデジタル版を西鉄として初めて販売する。

マルチモーダルルート検索では駐車場予約アプリ「akippa」、シェアサイクルサービス「メルチャリ」と連携する他、タクシー配車・予約・決済ではタクシー配車アプリ「JapanTaxi」とサービス連携する。

ログイン

ページ上部へ戻る