有料会員限定記事

街全体がターミナル 八戸市民の重要な足、 バスの整備プロジェクト 福島大学 吉田樹准教授 第二回INTERVIEW

2018/8/24(金)

福島大学で地域交通政策、地域観光政策、都市・地域計画の研究に携わっている吉田樹准教授。八戸市のバス共同運行化プロジェクトでは公営と民営の事業者間での連携を行い、ダイヤの適正化を行いながらバス事業者の共生に導いた。公共交通を活性化させるためには、既存交通へのどのようなアプローチが必要なのか。交通事業者、地域の住民とともに快適なまちづくりに取り組む吉田樹准教授へのインタビューを3回にわたり連載する。

第一回はこちら街全体がターミナル 八戸市民の重要な足、 バスの整備プロジェクト 福島大学 吉田樹准教授 第一回INTERVIEW


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン

ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る