ニュース

ヴァル研究所、MaaS向け複合経路検索APIをリリース 7月から

2019/7/1(月)

ヴァル研究所は7月1日、日本初のMaaS向け複合経路検索API「mixway API」をリリースすることを発表した。多様な交通サービスを組み合わせた複合経路検索を、アプリやWebサイトなどに簡単にカスタマイズして実装できる。
ヴァル研究所では、鉄道やバスなどの公共交通とシェアサイクルを組み合わせた「経路検索」や、ポートの位置やリアルタイムな空き状況などがわかる「リアルタイムポートマップ」を利用できるスマートフォン向けWebサイト「mixway(ミクスウェイ)」をリリースし、MaaSに向けた協業や実証実験を推進してきた。「mixway」の各種機能をAPI化したものが、「mixway API」だ。


「mixway API」を利用することで、緯度経度を用いた2点間(出発地から到着地)複合経路検索機能で、公共交通(鉄道・バス・飛行機・船)のほか、車(タクシー)やシェアサイクル、デマンドモビリティを利用した経路とその料金を算出することが可能。また、MaaSプレイヤーの希望にあわせてデマンドタクシーやデマンドバスなどの配車システムと連携し、任意の運行計画にあわせた経路検索や運賃・料金の算出など、あらゆるモビリティサービスに対応した拡張ができる。さらに、「駅すぱあと」各種サービスで培ったノウハウや、「mixway」を活用した地域の実証実験、サービス開発などの実績をもとに、MaaS実証実験などに向けたアプリやWebサイトの開発・提供を行い、MaaSプレイヤーの活動を支援していく。

ログイン

ページ上部へ戻る