ニュース

ヴァル研究所、千葉市の「幕張新都心モビリティコンソーシアム」に参画 

2021/2/12(金)

経路探索・運賃計算エンジン「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所は9日、千葉市が設立した「幕張新都心モビリティコンソーシアム」に参画した。
「幕張新都心モビリティコンソーシアム」は地域の活性化を図り、新しい時代の社会的ニーズやライフスタイルに対応した快適で魅力的な街を実現し、持続可能な都市づくりを推進することを設立趣旨としている。

ヴァル研究所では、シェアサイクルと公共交通を組み合わせた複合経路が検索できる、日本初のMaaS向け複合経路検索APIサービス「mixway API」を2019年7月にリリースして以来、MaaSに向けた協業や実証実験を推進してきた。

「mixway API」は、MaaSに即したサービスを素早く構築できる、MaaSプレイヤーのためのAPIサービス。Webサイトやアプリに組み込むことで、多様な移動手段を組み合わせた複合経路検索や、販売チケットに応じたフリーパス区間判定などを実装することができる。リリース以来、さまざまなMaaSアプリや実証実験に活用・導入されている。

今後ヴァル研究所では、幕張新都心モビリティコンソーシアム下に設置される「MaaSプラットフォームワーキンググループ」や「モビリティ利活用ワーキンググループ」などに参画する。

▼「幕張新都心モビリティコンソーシアム」や「mixway API」についてはコチラ!▼

ログイン

ページ上部へ戻る