有料会員限定記事

Via 独自のアルゴリズムでオンデマンド型シャトルサービスを世界展開

2019/2/6(水)

Corner to Cornerで移動するバーチャルバスストップを生成し、スマホから予約・決済が可能なViaのサービス。

Corner to Cornerで移動するバーチャルバスストップを生成し、スマホから予約・決済が可能なViaのサービス。

モビリティサービスのViaは、昨年コペンハーゲンで行われたITS世界会議に出展した。世界中にサービスを拡大しているVia。日本でも2018年8月から森ビルが「Hills Via(ヒルズヴィア)」のサービス名で実証実験を始めたことで、自動車メーカーをはじめIT関係のエンジニアも注目している。

サービスが展開されている特定のエリア内で、スマホ専用アプリに、自分の位置と行き先を入力すれば、近くにいる車両を探し出して、乗車料金を算出しアプリ上で予約と決済を完了。バス停などの乗り場や決まったルートは無い。アプリ上の「バーチャルストップ」から行き先までdoor to doorではなくcorner to cornerに届けてくれるサービスだ。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る